学位課程

学士課程5年

学位課程

学士課程には中国医学の医師を養成する学士課程と修士課程、博士課程があります。
中国医学の医師になるには最初から中国の中医薬学大学に入学する方法もありますが、 生活習慣の違う場で中国語を学びながら中医学の専門科目を学ぶことは至難の業です。

当校の学士課程は、まず3年間は日本校で留学に向けての中国語講座を履修し、 中国留学に十分な中国語を習得します。
日本語で受講するので、中医科目と中国語が同時に勉強できます。
中医学等の基礎科目・専門科目の理論と実技を学びます。
日本に帰国し開業する際にも、有名な国立大学を卒業したということから、 中国人の患者さんも少なくありません。
中国語が話せることにより、よりスムーズな臨床コミュニケーションが可能となります。

さらに2年間、中国の黒龍江中医薬大学に留学し、専門課程に進みます。
通算5年で卒業でき、黒龍江中医薬大学を卒業したことになり、同大学の「医学学士号」が授与されます。

その後引き続き1年間同大学の付属病院で臨床実習を行うと中国国家の医師資格試験を受験できます。
合格すると医師資格が与えられ、中医師として活躍できます。

さらに研究を続けたい、自分の専門を極めたいという方には修士課程、博士課程のコースも。
中医学のスペシャリストとして色々な世界が広がっています。

学士課程

中国医学の医師を目指しています。

■受講科目

横スクロール(スワイプ)でご確認いただけます。

受講科目
解剖学A 解剖学B 基礎中医学 腧穴学
生理学 指導栄養学 中薬学 中医診断学(上)
中医診断学(下) 診断学基礎 中医外科学 中医内科学(上)
中医内科学(下) 方剤学 手技基礎実技A 手技基礎実技B
整体応用実技A 整体応用実技B 中国スポーツ推拿 少林内功
小児推拿 推拿臨床実技A 推拿臨床実技B 推拿治療学理論(上)
推拿治療学理論(下) 推拿治療学実技(上) 推拿治療学実技(下) 手技速成実技A★
手技速成実技B★ 推拿症例分析 気功基礎理論A 気功基礎理論B
気功基礎実技A 気功基礎実技B 気功応用理論A 気功応用理論B
気功応用実技A 気功応用実技B 各種気功法A 各種気功法B
気功治療学 指鍼応用実技A 指鍼応用実技B 指鍼臨床実技A
指鍼臨床実技B 鍼灸処方・機理研究 鍼灸治療学(上) 鍼灸治療学(下)
指鍼インターンA 指鍼インターンB 経絡学 鍼灸症例分析★
薬膳基礎理論A 薬膳基礎理論B 薬膳基礎実技A 薬膳基礎実技B
薬膳応用理論A 薬膳応用理論B 薬膳応用実技A 薬膳応用実技B
中医診断実技 中医産婦人科学 中医小児科学 中薬ホウセイ学
中薬薬剤学 中医症例分析 体質診断セミナーA★ 体質診断セミナーB★
西医内科学 実験診断学 綜合講座(上) 綜合講座(下)
反射療法基礎理論 反射療法基礎実技 反射療法応用理論 反射療法応用実技
漢方薬理学 中国語Ⅰ~Ⅵ
* ★印は、自由選択科目

■学費
学士課程5年
入学金 225,000円
1年目 1,450,000円
2年目 1,450,000円
3年目 1,450,000円
4年目 650,000円
5年目 650,000円
総額 5,875,000円
* 教科書・白衣は実費にて購入していただきます。
* 修士課程3年、博士課程3年の学費については事務部までお問い合わせください。
* 支払い方法に関しては事務部までお問い合わせください。
* 設備利用費は授業料の1割です。

 

松浦 基貴さん
松浦 基貴さん
僕がこの学校に決めたのは、修士、博士課程があるきちんとした教育をしている学校だったから。もし、短期で即席の技術だけ教えるようであると、じっくり型の自分には合わないと。理論をきちんと勉強したかった。入学してみて、本当に細かいところまで学べて、選んでよかったと思っています。中医学の面白さにはまっています。
卒業後の進路はこちら

関連コース~こちらのコースもお勧めです~

綜合中医療術学科 修士課程(臨床中医師研究科) 漢方薬膳学科